茶色い人's ダイヤリーア

薬学生の現実逃避日記です。

A Boy Called Pig 和訳 Part2

Part2

 

    ブタが8歳を迎えた頃、一家を揺るがす出来事が起こった。長男が結婚し、妻の元へ引っ越すというのである。家族達はみな、それを悲しんだ。それは、彼が本当に素晴らしい人間だったから、というわけではなく(実際彼は素晴らしい人間ではなかった)、彼が一家で最も優秀な働き手だったからである。残された兄弟達は、以前より仕事に勤しむことを余儀無くされたのだ。

 

    負の連鎖がそこから始まった。長男が去ってから間も無くして、長女も家を去った。大学に通うためだと彼女は言ったが、本当のところをいうと彼女はもう、牧場で働きたくなかったというだけなのだ。次男がすぐにそれに続いた。牧場に残されたのは、たった2人の子供になってしまった。言うまでもなく、ブタはそこにカウントされていないのだが(彼が1度としてカウントされたことがあっただろうか?)。

 

    両親はとうとう、真剣に家計を心配し始めた。歳をとり、かつてのように働けなくなってしまった彼らは、子供達、すなわち若い労働力に頼るしかなくなっていたのだ。次女が隣町の裕福な男と結婚すると言って去った時、ついに家族会議を開くことを決意した。言うまでもなく、ブタはそこへ招待されていないのだが(彼が1度として招待されたことがあっただろうか?)

 

「たった3人で、一体どうやって生計をたてようか?」

「もっと、懸命に働くしかないのかしら…」

夫と妻は、チキンレッグにしゃぶりつきながら口々に嘆いた。

「いや、あるいはその必要はないかもしれないよ」

彼こそが、残された1人の息子である。彼は痩せ型で、シャープな鼻を持ち、そして更にシャープな目をしていた。

「どういうことだ?」

父は息子に尋ねた。

「あのブタを、利用するんだよ」

息子は母、父を順番に見つめ、それから視線をチキンレッグに戻しつつ言った。

「ブタって、まさか豚達と暮らしている、あの動物のことを言っているのか?」

「その通り。」

「でも、あのブタは話すことはおろか、私達の言葉も理解できないのよ。どうやってアレを牧場で働かせるというの?」

「違う違う、そうじゃないったら。もっと、頭を使わなきゃ」

頭の横を、チキンの油でギトギトになった指でとんとん、と突きながら彼は言った。訳がわからない、という表情をした2人には構わず、彼は続けた。

「ブタの得意なことはなんだと思う?人間でありながら、まるで豚のように食べることだ。でもそれだけじゃない。あいつは何だって食べるんだよ。この前なんて、僕が投げ入れたでっかい骨を、丸ごと食い尽くしちゃったんだ」

「骨丸ごとですって?」

「そう。他に何が食べられるか、試してみる価値がありそうだよ」

 

(Part3へ続く)

A Boy Called Pig 和訳 Part1

『ブタと呼ばれた男の子』クーパー・バルディス

Part1

 

   その男の子は4歳になるまで、ブタとさえ呼ばれなかった。生まれた時点では確かに名を与えられていたのだが、すぐ周囲に忘れ去られてしまったのだ。しかし、その男の子の家族(両親と5人の兄弟)は、誰も彼に話しかけることがない。したがって、名前の有無が問題になるようなことはなかった。

   食事の時も、当然のように彼の席は用意されていなかったのだが、彼はディナーテーブルの下に陣取り、そこへ食べ物が落ちてこようものなら、それが何であれ、食べた。生きる為にはそうするしかなかったのだ。幸い、かなり悲惨な食べ方をする家庭だったので、彼は1歳までその方法で生き延びることができた。

 

   しかし彼が歩けるようになった頃、存在を無視することさえ煩わしくなったのだろうか、兄弟達に家を追い出されてしまった。そこで彼はニワトリ達と出会う。初め、ニワトリは彼を拒んだが、結局は彼のことをニワトリの一員として認めた。彼のニワトリとしての振る舞いは、それなりに悪くなかったのである。

   彼が地面の餌を突き、他のニワトリ達に話しかけるその様子を見て、兄弟達は泣きながら手を叩いて笑ったものだ。

「なんだいこの、馬鹿で醜いケダモノは!」

しかし彼はそれを全く気に留めなかった。気に留めるはずもなかった。なぜなら彼はその時すでに、その家族ではなく、ニワトリの群れに属していたのだから。

 

   彼がニワトリになって一年後、身体の成長に伴い(彼はまだ2歳だったが)、ニワトリ用の種や、穀物ではどうしても不足するようになった。彼はニワトリ達に別れを告げ、農場を彷徨い、そしてとうとう、豚小屋に辿り着いたのである。その豚小屋は、兄弟達が暮らす家から遠く隔れていた。豚達が放つ臭いのためである。しかし、餌の量がニワトリのそれと比べ遥かに多い、という極めてシンプルな理由から、彼はすぐにその場所を気に入った。

   

    そうして彼は豚達と共に、豚のように大きく、豚のようにたくましく育った。兄弟達は未だに彼の元を訪れ、ゲラゲラと笑うのをやめなかったが、当然そのことは気にも留めず、本当の家族(言うまでもなく豚達のことだ)との幸せな暮らしを送っていた。そこでもまた、彼は豚達にうまく溶け込んだのである。

    そして丁度その頃、兄弟達は彼を ”ブタ” と呼び始めたのだ。お世辞にも賢いとは言えない、その想像力に乏しい脳みそでは、 ”ブタ” は思いつく限り、最も彼にふさわしい名前であった。

「なんていう食べる量、そして食べ方なの!あれは本当に豚、豚そのものだわ!」

と、見たままの感想を述べ、手を叩き笑って帰っていく、という一連の道楽を除けば、兄弟達はブタに対して関心を払わなかった。そしてブタもまた、彼らに対して関心を払わなかった。豚達との幸せな暮らしが、ブタにとっての全てだったからである。

   しかしそんなブタにも唯一悲しい瞬間があるとすれば、それは兄弟達が豚を1頭、ニワトリを1羽、食料として選び連れ去っていく時だ。その時のブタの悲しみようと言ったら、その日から1週間ほど、豚の餌が喉を通らないほどであったという。

 

(Part2へとつづく)

うんこ味のポエムとポエム味のうんこ

 

優しさは怖い。いつか裏切るから

 

出会いは寂しい。いつか別れるから

 

けれどうんこはちがうんだ。

 

どんなにお腹が冷えてても

 

出てくるうんこはあたたかい。

 

形はいつも違うけど

 

臭いはいつも臭いんだ。

 

「じゃ、校門で待ってるね」

 

彼女はいつかそう言った。

 

「じゃ、肛門で待ってるね」

 

うんこは言葉を発しない。

 

けれども僕は知っている

 

この寂しさの捌け口は

 

あなただけではないけれど

 

うん、

 

このうんこの捌け口は

 

ケツの穴しかないんだよ。

 

「じゃ、肛門で待ってるね」

 

うん、

 

この声はうんこの声。

 

トイレに行けと言うんだね。

 

うんこ うんこ うんこっこ

 

一つだけ確かなこと

 

うんこ うんこ うんこっこ

 

絞り出した答え

 

うんこ うんこ うんこっこ

 

一つだけ確かなこと

 

うんこ うんこ うんこっこ

 

生きている証