茶色い人's ダイヤリーア

薬学生の現実逃避日記です。

GHOSTS 冒頭 和訳

 

GHOSTS ポールオースター

 

まず始めにブルーがいる。次にホワイトがいて、ブラックがいる。そして、そもそもの始まりの前にはブラウンがいる。ブラウンがブルーに仕事を教え、コツを伝授し、ブラウンが年老いた頃、ブルーが後を継いだ。物語はそのようにして始まる。

舞台はニューヨーク、時制は現在。この両事実は今後も決して変わることはない。ブルーはいつものように職場を訪れ、デスクに掛け、何かが起こるのを待つ。しばらく何も起こらない。そこへ、ホワイトという名の男がドアを開けて現れる。物語はそのようにして始まる。

仕事はいたってシンプルに思える。ホワイトは、ブラックという名の男の追跡をブルーに命じる。必要が無くならない限り、それを続けてくれ、と。ブラウンの下で働いていた頃、ブルーは多くの尾行をこなしていたし、その件もなんらそれらと変わりはない。むしろ、それらよりずっと簡単かもしれない。

 

ブルーは仕事を必要としている。だからホワイトの話をきちんと聞き、余計な質問をしたりはしない。彼は今回の件を、浮気問題だろうと予想する。ホワイトは嫉妬した夫に違いない。ホワイトも詳しい話はしない。週に1度報告書を送ってほしい、と彼は言う。ここの住所に、2部ずつ、1ページ何行、1行何文字で。それからホワイトは、ブラックの住んでいる場所、容貌の特徴などを説明する。この件はだいたいどれくらいの歳月を要するのか、とブルーが尋ねると、わからない、とホワイトは答える。とにかく、次の指示があるまで報告書を送り続けてくれ、と彼は言う。

 

ブルーの名誉の為に言うなら、彼はこの時点で何か妙だな、と感じている。しかし不安を感じている、と言ったらそれは言い過ぎだろう。しかし依然として、ホワイトに関して不審な"何か"を感じずにはいられない。例えば黒いヒゲ、過度に濃い眉毛、そして異様なまでに白く、まるで白粉が塗りたくられているかのようなその肌。ブルーは変装術にも長けているので、そういったものを見破るのは朝飯前である。彼はブラウンの弟子だったのであり、全盛期のブラウンは、その業界でピカイチの存在であったのである。そこでブルーは、最初の考えは間違えであった、と考え始める。この件はおそらく浮気問題などではないのだ、と。しかし、それ以上は深く考えない。ホワイトはまだ彼に語りかけている最中であり、その続きの言葉に、ブルーはじっくりと耳を傾けねばねばならない。